複数タスクを抱える起業者たちへ

仕事の掛け持ちをしているIT起業者は要注意!時間管理の大切さ

実力の高いフリーランスの仕事の掛け持ち

実力のあるフリーランスは、業界の中でも重宝される。特にITなど開発技術の業界では、いざというときに難しい課題を解決できる役割を持ったエンジニアは非常に貴重である。そのため各開発会社からは、ひっきりなしに仕事の依頼がやって来る。そのようなエンジニアは仕事の報酬も高いため、いくつか仕事の案件を掛け持ちすれば一度に大きく稼ぐこともできる。ただし、いくら実力に自信ある凄腕のフリーランスエンジニアであっても、時間を生み出す事はできない。どのエンジニアも時間は平等であり、掛け持ちするならどの仕事を優先して引き受けるか検討を必要とし、またそれぞれの仕事の厳密な時間管理が欠かせない。もし引き受けた仕事を手間取ると、他の仕事にも影響しスケジュールが混乱して、仕事に失敗する恐れも考えられる。

たとえ実力に自信のあるエンジニアでも、依頼の中には解決に手こずるような難しい課題もあるため決して油断することはできない。もし難易度の高い仕事にチャレンジするのであれば、できるだけ仕事の掛け持ちは控えて一つの案件に集中した方が良い。時間管理を誤ってしまい、上手くいくはずだった仕事がやり遂げられなかったとすれば、クライアントからの信頼はたちまち失墜してしまう。そうなれば仕事の単価もこれまでと比較して格段に下がり、高収入を狙うどころではなくなる。
そのためたとえ実力に多少の自信はあったとしても、引き受ける仕事の量とスケジュール管理には十分な配慮が必要であり、クライアントの信頼を失墜しないための時間管理がフリーランスには必須である。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です