複数タスクを抱える起業者たちへ

仕事の掛け持ちをしているIT起業者は要注意!時間管理の大切さ

フリーの技術者の様々な役割

フリーランスという雇用形態で働くエンジニアは自身が管理職的なポジションを担い、且つ営業活動からカスタマーサポートまでをこなす事が必要とされる。自身が管理職的な立場に就き職務に従事する為には技術者としての能力だけではなく、複数のタスクを掛け持ち効率良く作業をこなす対応力も大切である。とりわけ、フリーランスのエンジニアは仕事の件数を増やしてより多くの時間を割いた分だけ収入が上がるため、複数の仕事を掛け持ちする事が多くなりがちだ。その結果、寝る間も惜しんで仕事に従事するケースが頻繁に見受けられる。しかし、このような時間管理ができていない状態は仕事のペースを遅くしてしまう要因ともなり、無理が続く事で体調を崩してしまう事もある為に注意しなければならない。それ故に、フリーランスのエンジニアは時間管理を徹底し無理をしすぎない仕事のペースを掴むことが求められるのだ。

また、フリーで仕事を請け負う際には複数のクライアントの仕事を同時進行するケースもあるが、これは作業時間を上手く配分してそれぞれの納期を守る事が必要になる。複数の種類が異なるタスクに従事すると仕事のペースが乱され納期が遅れてしまう事も多くなりがちだ。且つ、何らかのトラブルが発生した際には修正までに長い時間を要してしまう事もあるのだ。従って、納期に余裕を持たせた上でそれぞれのクライアントの仕事を請け負う事が重要になり、責任のあるポジションに就くものとしてクライアントと良好な関係性を築く心がけが重要だ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です