複数タスクを抱える起業者たちへ

仕事の掛け持ちをしているIT起業者は要注意!時間管理の大切さ

損得勘定のスキルは必須

フリーランスは経営者の側面を持っていて、労働力を効率よくお金に変える必要がある。もし収入的に厳しい状態であれば、ビジネスを軌道に乗せるため仕事の量を通常よりも増やすといった考えも必要となる。収入を短期間で増やす方法としては、仕事を掛け持ちする手段が選べる。複数の仕事をこなせばその分だけ収入も当然増え、時間管理さえ都合がつけばまとめて複数の仕事を引き受けたとしても特に問題はない。ただしフリーランスは、損得勘定のスキルが不可欠である。クライアントから提供される仕事をただ多く引き受ければ良いというわけではない。仕事に割り当てられる時間が有限な中で、効率よく稼ぐことができるかどうかに経営センスが求められる。拘束時間が長くしかもあまり利益にならないような仕事を引き受けてしまうと、時間ばかりを浪費してしまいビジネス上のデメリットが大きい。

特にフリーの立場では自らの身一つで仕事をこなしているため、時間は非常に貴重な資源であると言える。そのためできれば、短時間で大金を稼ぐことができる効率の良い仕事を厳選した方が効率が良い。考えなしに掛け持ちで多くの仕事を引き受けていると、どうしても損得勘定の面で考えが甘くなるため注意を要する。掛け持ちの仕事の時間管理に取り組みながら、仕事の拘束時間や報酬、仕事の難度など多角的に分析し、もっと効率よく稼ぐ方法はないかについて常に思考を巡らせることでビジネスは成功につながる。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です